店内
白斑相談室長の挨拶

活性酸素とは・・・

酸素は私達が生きて行くうえで必要なものです。
摂取した食物は酸素によって燃焼させ、エネルギーに変え生命活動が成り立ちます。
呼吸で吸い込んだ酸素の内約2%が活性酸素になります。
そして、活性酸素は侵入してきた細菌やウイルスを死滅させてくれます。
悪者のように言われている活性酸素は元々外敵から身体を守ってくれる働きをしています。(特に脳、皮膚、血管に活性酸素が発生しやすい傾向にあります。)
しかし、身体を守っているはずの活性酸素が過剰に発生することで、逆に身体の細胞(DNAなど)を傷つけてしまい、脳の働きや皮膚神経が衰弱してしまうという大問題があるのです。

白斑を発症する原因の一つとして、体内で高濃度の活性酸素が発生し、色素細胞が異常に酸化しているのではないかと考えられます。
私たちの体内の細胞の中にある一つ一つのミトコンドリア(細胞が活動する為に必要なエネルギーをつくる)で活性酸素が多量に発生すると細胞が損傷し、核酸・タンパク質・脂質・糖を酸化し細胞の正常な働きを損なわせてしまいます。

そうならないように人間には、過剰になった活性酸素を除去するカタラーゼ・SOD(スーパーオキサドディスムターゼ)・グルタチオンペルオキシダーゼなどの酵素を体内でつくり除去してくれる機能があります。

その他にも、活性酸素は色素細胞に対して、メラニンを合成する過程における中間代謝物質のドーパキノンの生成を低下させてしまいメラニン合成が進んでいかなくなります。
また、活性酸素は色素細胞だけでなく、角質になる角化細胞・ランゲルハンス細胞(外部からの異物や化学物質・紫外線などの刺激を認識し脳に伝達する働き)にも酸化を及ぼしていると考えられ活性酸素は、表皮全体に悪影響を及ぼします。

活性酸素を過剰に発生させてしまう原因には、ストレス・栄養欠損・紫外線・薬物・大気汚染・加工食品・農薬や食品添加物・電磁波・たばこ・加齢などがあります。
現在社会は活性酸素を増やす要因が増え、体内にある活性酸素を分解消去する酵素だけの働きでは過剰になった活性酸素を除去しきれません。
余分に発生した活性酸素を消去させる為には、抗酸化物質をより身体に取り入れることが大事です。
抗酸化力を上げるのに、紫イペカロチノイド、銅、亜鉛が必要、またビタミンE、ビタミンCもプラスするとさらに抗酸化力アップ。

また、白斑症状を起こしている皮膚には本来、活性酸素を除去する働きのSOD(スーパーオキシドジスムターゼ)酵素の働きが高まり、それに対してカタラーゼ酵素の働きが低下しているという説もあります。
活性酸素(O2⁻)を抑制するのに、SODが過酸化水素(H2O2)に変換しさらにカタラーゼが水(H2O)と酸素(O2)分解しないといけないのです。
つまり、活性酸素を抑制するカタラーゼとSODのバランス調整が大事になってきます。

O2⁻やH2O2などの活性酸素が発生する要因には、
○細胞内にあるミトコンドリアでATPがエネルギーを生成する過程でO2⁻(スーパーオキシド)が生成される。
○免疫細胞の好中球やマクロファージが細菌など攻撃する時にH2O2を生成する。
○炎症反応が起こり白血球やTNF-αなどが増殖し、さらにNADPH(補酵素)が活性化するとH2O2を生成する。
○一酸化窒素(NO)は私たちの血管の内皮細胞で一酸化窒素合成酵素(NOS)によってアルギニンと酸素から作られ、血管を拡張させ血圧を下げたり、血小板凝集抑制作用など良い働きがあるのですが、一酸化窒素(NO)が合成されるのにL-アルギニン(アミノ酸の一種)が必要で不足するとNOS(一酸化窒素合成酵素)がつくられにくい状態でもH2O2を生成する。
○体内で合成される補酵素6-ビオプテリン(一酸化窒素合成に必要な酵素)が紫外線の影響でH2O2を生成する。
○尿酸が合成される過程でもH2O2を生成する。

紫外線の問題

本来健康な皮膚表皮は、紫外線から守る為にメラニン色素をつくり、体内の細胞にダメージを与えないように働いてくれます。
紫外線にあたり過ぎると肌荒れ、やけどの状態になってしまいます。
紫外線で肌にダメージが起こると荒れた状態になり、角質層に含まれる水分や細胞間脂質(セラミド)の保湿が損なわれ、バリヤ機能が低下します。
バリヤ機能が低下しているとちょっとした刺激でメラノサイト(色素細胞)が傷つけられ壊れやすくなります。
メラニン合成が出来ない状態で紫外線の影響が及ぶと皮膚の奥深くまで紫外線がとどき、過剰な活性酸素の発生を促す一因になりDNA障害や細胞障害の原因になります。

尋常性白斑を発症されている方は、メラニンが作られても活性酸素などの影響によりメラニンを壊してしまったり、色素細胞(メラニンをつくる細胞)自体働かなくなっています。

一般的に、尋常性白斑を起こしている原因として考えられている自己免疫の異常が色素細胞を誤って攻撃している状態で、更にO2-やH2O2などの活性酸素の発生が多い環境下だと、色素合成の妨げになる可能性はおおいにあります。
ですから、過剰な活性酸素から身体を守って行くためには、抗酸化力のある栄養素を摂って行く必要性があります。
(紫イペカロチノイド、ビタミンB群、ビタミンE、ビタミンCなど)

ストレス状態や栄養欠損は、自律神経障害、皮膚障害を発症させますが、皮膚に出る白斑症状以外にもアトピー性皮膚炎や円形脱毛症など様々な症状があります。
ストレスが溜まると大人でもニキビが出たりします。皮膚は、皮膚症状を発症させることで、自分にも他者にも見え、病気の存在をいち早く知らせてくれているのではないかと感じてなりません。
それならば、根本的原因を見つけ適切な処置をすることが自然な考え方ではないでしょうか。皮膚は、そういった能力を持っているかもしれません。

問合せ