店内
白斑相談室長の挨拶

尋常性白斑とは一部の色素が白く抜ける皮膚疾患です。

尋常性白斑とは、後天性に生じる境界明瞭な一部の色素が白く抜ける皮膚疾患です。一般的に経過が長い。

現段階で分かっている事は、メラノサイト(色素細胞)が何かのきっかけで破壊又は色素が合成されていく過程の機能が停止していることが原因と言われています。

発症原因は、やはりストレス

白斑発症原因はストレス 特に、露出した頭部・顔面・首・腕・手などに発症する場合が多く、白斑部と正常な皮膚との境界部は逆に色素が増強し目立ち易いのが特徴です。
日常生活で目立ってしまう部位に発症すると、精神的なストレスがさらに白斑症状に悪影響を及ぼします。

白斑が発症する確率は一般に人口の1~2%に発症していると言われ、日本では約120~240万人居ると言われています。
発症年齢は幼少から老年まで幅広いのですが、20代を中心に10~30歳代に発症するケースが多いとされ男女差もほとんどありません。

日本人の尋常性白斑の約20%の人に白斑の家族歴があるが、遺伝との関係ははっきり分かっていない。 又、発症のきっかけとしてストレスになるようなことがあったり、悪性貧血や甲状腺機能異常・血糖調節異常(糖尿病)を合併することがある。

白斑の病型として3種類に分類出来ます。

限局型
1個~数個の白斑が限局した領域に出現。大きさは数センチまでが大半だが、10センチ以上になりうる事もある。 白斑部位への機械的な刺激や皮膚の炎症がきっかけとなる事が多い。又、精神的ストレスや肉体的ストレスがきっかけとなる事が多い。
汎発型(はんぱつがた)
尋常性白斑の中で最も多いタイプで、身体のあらゆる所に白斑が現れる。限局型の白斑の経過中に、メラノサイト(色素細胞)に特有の蛋白質に対する自己免疫が成立し、 全身のメラノサイトが破壊される為、全身の皮膚に白斑が生じて汎発型となる。
神経分節型
皮膚の神経に沿って白斑が発症する為、身体の片側に白斑が現れ時には、白斑部に白毛を伴うことが多い。 汎発型に比べて治り難い傾向にあると言われている。原因は不明ですが、自律神経の異常が関連しているとの説がある。

■ 原因 ■

根本原因は解明されていませんが、現在考えられている原因として『自己免疫説』と『神経説』と『遺伝説』の3つが考えられている。

自己免疫説
過度のストレスにさらされる事が引き金となり自己免疫に何らかの異常が起こり、この異常な自己免疫がメラニン色素を形成する細胞を自分で壊したり、 機能低下を引き起こすことで色素の脱失が起こり白斑が発症する説。
自己免疫説は尋常性白斑の中で[汎発型]や[限局型]の原因と考えられている。
神経説
自律神経の異常が白斑の原因とする説です。神経分節型の白斑が、神経の支配領域に目立って現れる事や白斑が出来ている部分に発汗異常などの自律神経系の変化が認められる事から自律神経と白斑の関連性が指摘されている。

近年、皮膚の神経とメラニン色素をつくるメラノサイトが繋がっている事が分かりました。培養色素細胞において神経蛋白であるカルチトニン遺伝子関連蛋白などが、 正常なメラノサイトや分節型白斑のメラノサイトに影響を及ぼす事も分かってきた。
こうした事から、自律神経の乱れが[神経分節型]の白斑要因であると考えられる。
遺伝説
家系の中に複数の人が白斑を発症するケースがある。白斑の人の遺伝子を調べてみると、特殊な遺伝子(HLA-DR4)をもつ頻度が高い事か遺伝性とする説もある。

いずれにしても、自己免疫の異常(自己免疫説)・神経説(自律神経の乱れ)・遺伝説は皮膚に問題があるというのではなく、身体全体から見直していく必要があります。

特に脳神経の正常化によって、自己免疫、自律神経のバランスが改善できるのです。そのことを考えると皮膚ばかりに着目した治療は、根本改善はできないということになります。

問合せ